FOREIGN AFFAIRS REPORT 2023 no.12

もくじ

  • AIの大いなる可能性と深刻なリスク
    • AIと経済革命_人間のツールとして生かす政策を(ジェームズ・マニュイカ、マイケル・スペンス)
      • 人間のツールとしてのAI
      • 労働力の減少とAI革命
      • これまでと何が違うのか
      • LLMが導く未来
      • 創造的な指令
      • 何がAIの今後を左右するのか
      • 本当の課題
    • AI統治と軍備管理の教訓_壊滅的事態を回避する米中の責務(ヘンリー・A・キッシンジャーグレアム・アリソン)
      • AIと核兵器
      • アチソン=リリエンソール報告
      • 核抑止と核不拡散
      • AIをいかに管理するか
      • 米中とAI
  • 戦争で溢れる世界
    • 戦争で溢れる世界_なぜ紛争が多発しているのか(エマ・ビールズ、ピーター・ソールズベリー)
      • 紛争解決から紛争の管理へ
      • 破綻した安保理のメカニズム
      • 何ができるのか
      • 紛争閉じ込めの限界
      • 援助の罠
      • 未来への希望をつなぐには
    • 欧州におけるロシアの第二戦線_セルビアとプーチンの思惑(デイビッド・シェッド、イヴァナ・ストラドナー)
      • ロシア、セルビア、NATO
      • セルビアのナショナリスト
      • セルビアとロシアの思惑
      • 対策はあるか
    • 経済安全保障国家と地政学_デリスキングとサプライチェーン(ヘンリー・ファレル、エイブラハム・ニューマン)
      • 経済安全保障とデリスキング
      • 冷戦アプローチ
      • グローバリズムへ
      • 貿易とサプライチェーン
      • 経済制裁と経済的威圧
      • 日本とEUのケース
      • 改革ではなく刷新を
    • 変化した世界とアメリカ外交_アメリカパワーの源泉(ジェイク・サリバン)
      • パワーをどう捉えるか
      • ホームフロント
      • 同盟諸国との関係
      • 反映する自由で開かれた未来へ
      • 安全保障関与
      • 米中関係
      • どう行動するか
  • ドキュメント 新中東危機
    • イスラエル・イラン戦争のリスク_ガザ紛争が長期化すれば(10/19)(ダリア・ダッサ・ケイ)
      • イランとの戦争リスク
      • 各アクターの自制路線
      • 変化するニュアンス
      • 双方の過信
      • 紛争拡大の流れ
      • 脆弱な前提
    • 戦争とソーシャルメディア_もう一つの戦争(10/27)(ファラ・パンディス)
      • イスラエル・ハマス戦争と中東
      • 状況にいかに対応するか
      • 反欧米への流れ
    • ハマス・イスラエル戦争の現状_人道問題、ヒズボラ、ハマス語のガザ(11/2)(マックス・ブート、スティーブン・A・クック、リンダ・ロビンソン、レイ・タキー、マイケル・フロマン)
      • 人道的停戦
      • イランとヒズボラの思惑

AIと経済革命

監修

ジェームズ・マニュイカ
グーグル-アルファベット
シニア・バイスプレジデント

マイケル・スペンス
スタンフォード大学
フーバー研究所シニアフェロー

労働力現象とAI革命

 加速するAIの進歩がグローバル経済にとって極めて重要なタイミングで起きています。

 中国などの新興国の生産能力が大きく拡大したために、先進国の物価上昇は抑制され、中央銀行は金利をゼロまで引き下げ、莫大な流動性を金融システムに注ぎ込んできました。

 しかし、中央銀行のインフレ対策により、製造業と貿易関連雇用を除外すれば、コロナパンデミック前の米国内のサービス業の生産性の伸びは0.16%とゼロへ落ち込んでいました。

 落ち込む経済が長期的な圧力にされされ、近年ではAI革命が重視されています。労働力減少の余波を緩和することが期待されているのです。

LLMが導く未来

 衝撃的なAIの進歩はLLM(Large Language Models)の登場です。

 LLMは、詩から科学、法律にいたるまで、実に多様な領域のプロンプトに反応し、さまざまな領域を検知して、明示的な指示がなくても考えられる能力をもっています。

 音声、動画、ビデオ、プログラミングコードなど、多彩な領域で活躍が期待できるため、AIを活用するためのアプリケーションの開発競争がすでに始まっています。

 今まではロンドンのタクシー運転手は広大な地図を頭に入れてなければ、資格に合格することができませんでした。今はグーグルやウェイズが地図アプリを開発して、地図を覚える必要が少なくなったのです。AIアシスタントは近い将来、多様な仕事をこなすでしょう。

AIの今後

 AIシステムが人間のパフォーマンスを大幅に超える動きをみせていますが、人間の協力を必要とし、人間んオ能力がマシンによってさらに高めれられる可能性があります。

 初期のデジタル革命には、さまざまな業種や部門によって導入にばらつきがあったため、生産性が伸び悩みました。

 生成AIの導入の場合、中小企業には、導入から使用事例を積み重ねていくだけの資金力がない可能性があります。

 導入コストが低下して、AI技術が拡散され利用が容易になるようにルールづくりに務めなければなりません。

AI統治と軍備管理の教訓

監修

ヘンリー・A・キャッシンジャー
キッシンジャー・アソシエイツ会長

グレアム・アリソン
ハーバード大学教授

AIと核兵器

 現在、核兵器よりも恐ろしい人工知能が引き起こす課題に直面しているかもしれません。

 そんなユニークな課題にも、核時代に学んだ教訓が約に建つでしょう。何億人もの人々を殺戮する恐れのある前例のない技術を開発し、配備しようと競争していた敵対国は、それでも共有できる利益を見い出しました。核の複占状況を前に、米ソは「時刻を脅かす恐れのある核技術が他国へ急速に拡散していくのを阻止すること」への関心を高めるようになったのです。

 米ソは自らを抑えることを学び、戦争につながりかねない対立を避けるために、戦略構想を抑制するように相手を説得する方法を見い出しました。

 現状は、AI大国と言われるのは米中だけであり、AIのもっとも危険な発展と応用を防止するためのガイドラインを設ける機会としては、2023年11月に行われたサンフランシスコで開催されるアジア太平洋経済協力の首脳会談を活かすべきです。

AIをいかに管理するか

 AIの場合は廃初しているのが民間の企業です。マイクロソフト、グーグル、アマゾン、メタ、オープンAI、が先を歩んでいます。民間企業のリスクと報酬を考慮されなければなりません。

 AIはデジタルです。核兵器はウラン濃縮から設計に至るまでインフラが必要であり、物体なので数えることができます。何をしているかを検証できれば、制約を課すこともできるのです。AIは概念領域に存在していたり、研究所で進化しているために、展開を観察するのが非常に難しくなっています。

 AIの最大の課題は交渉している時間よりも早いスピードで進歩して普及します。軍備にしても何十年かけて整備されることがほとんどです。AIの導入に関しても、政府と民間セクター関係にダイナミズムが求められるでしょう。

 幸い、アメリカの大企業は、国家と人類全体に対する責任を負っていることを認識しています。危険な利用の制限についてのガイドラインをそれぞれに策定しているのです。

購入リンク

※amazonの商品リンクです。画像をクリックしてください。

定期購読

CFR’s SNS

Blog

Facebook

YouTube

Twutter

(Visited 14 times, 1 visits today)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です