まじめにエイリアンの姿を想像してみた/著者:アリク・カーシェンバウム

※ 毎朝、5分以内で読める書籍の紹介記事を公開します。

※そのままの文章ではありませんが、試し読みする感覚でお楽しみください。

書籍情報

タイトル

まじめにエイリアンの姿を想像してみた

発刊 2024年4月17日

ISBN 978-4-7601-5563-7

総ページ数 426p

著者

アリク・カーシェンバウム

動物学者、大学講師、ケンブリッジ大学ガートン・カレッジの研究員。
イエローストーン国立公園やウィスコンシン州中央部の森でオオカミを追いかけ、さまざまな種類の遠吠えの意味を明らかにしたほか、紅海のサンゴ礁に生息するイルカのホイッスル、ベトナムのジャングルに生息するテナガザルやガリラヤの山中に生息するハイラックスの鳴き声を解読するなど、動物のコミュニケーションに関するフィールドワークを幅広く行っている。

出版

柏書房

もくじ

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 形態 vs 機能 すべての惑星に共通するものとは?
  • 第3章 動物とは何か、地球外生命体とは何か
  • 第4章 運動 宇宙を走り、滑空する
  • 第5章 コミュニケーションのチャネル
  • 第6章 知能(それが何であれ)
  • 第7章 社会性 協力、競争、ティータイム
  • 第8章 情報 太古からある商品
  • 第9章 言語 唯一無二のスキル
  • 第10章 人工知能 宇宙はロボットだらけ?
  • 第11章 私たちが知る人間性
  • 第12章 エピローグ

紹介文

 アリク・カーシェンバウムによる独創的な作品で、私たちの想像を超えるエイリアンの生態や振る舞いについて科学的根拠を基に探求しています。カーシェンバウムは進化生物学者としての背景を生かし、地球外生命体がどのような環境でどのように進化するかを、科学的な仮説を立てながら考察しています。

 ただ不思議なエイリアンを描くのではなく、生命が存在しうる環境や物理法則を踏まえた上で、どのような特徴を持つかを合理的に推測しようと試みています。例えば、異なる星系の重力や気象条件が生物の形態にどう影響するか、また、彼らの社会や文化がどのように発展する可能性があるかなど、地球上の生命との類似点や相違点を探ります。

 カーシェンバウムのアプローチは、読者にとって新鮮な視点を提供することでしょう。彼は科学的な厳密さを保ちつつ、想像力をかき立てる事例や比較を用いて、エイリアンという未知の存在に対する理解を深めようとしています。この本は、宇宙に対する好奇心を持つ人々だけでなく、生物学、天文学、さらには哲学に興味がある読者にも魅力的です。

試し読み

動物とその形態

 クジラは哺乳類ですが、聖書では「大きな魚」と記述されています。実際にクジラは魚に似ているため、「クジラは魚だ」と考えることも一理あります。重要なのは、どの特徴をどのように重視するかです。これは生理的特徴と行動的特徴のどちらを優先するかによります。

 動物を外見や構造で分類しようとすると、期待したほどには境界線が明確でないことがあります。私たちが考えるルールには例外が多いのです。

 例えば、「鳥は飛ぶ」と一般には言われますが、ダチョウ、ペンギン、エミュー、フクロウオウムなどは飛びません。

 「哺乳類は卵を産まない」とも言われますが、カモノハシとハリモグラは例外です。

 一部の鳥は泳いだり走ったりする方向に進化し、生き残っています。同様に、哺乳類でも卵を産む種が進化し生き残っている例もあります。

 鳥類は鳥類の祖先から、哺乳類は哺乳類の祖先から進化してきた遺産を持っています。

恐るべき相称性

 私たちは今まで、地球上で最も効果的かつ重要な運動戦略の一つを無視してきました。この戦略は地球上のほぼすべての生物に採用されているため、特に不思議に思うこともなく、当然のように受け入れています。地球外生命体にも適用されるかどうかは、考えるまでもないでしょう。

 地球外生命体は、ウニのように独立して動く多数の管足を持ち、どの方向にも同じように移動できるのでしょうか?それとも私たちのように左右の区別があり、それによって前後が定義され、移動しやすい方向が存在するのでしょうか?

 カイメン、クラゲ、クシクラゲ、サンゴを除く現生動物の99%以上が左右対称の体を持ちます。左右対称の体型が動物界にもたらした利点は計り知れませんが、この体型を採用していない動物はほとんど残っていません。自分がどの方向に進んでいるかが明確で、運動器官がその方向への移動に特化できるためです。

 興味深いことに、少数ですが相称性を失い、より単純な体制に戻った生物もいます。その環境では左右対称でない体制が有利だったのでしょう。こうした例からは、地球外惑星で左右対称体制が有利、または不利になる条件を多く学ぶことができます。実際に、変節者である棘皮動物(例えばヒトデやウニ)は、もともと左右対称だったことが知られています。

 独立に動く多数の脚を持つ生物にとって、特定の方向性が意味を持たないかもしれません。おそらく他の惑星の同類も、敏捷な左右対称動物が滑ったり転んだりするのをよそに、数千本の小さな脚で地面を掴みながら、ゆっくりと慎重に移動しているのでしょう。

集団のアイデンティティがあるか

 動物の集団には優劣の序列が存在する場合、メンバーがルールを理解していれば、社会の機構はスムーズに機能します。ハイエナやチンパンジーのように高度に社会性のある種には、明確な支配関係が確立されており、序列を破る行為は厳しい罰につながります。

 縄張り内にいる鳥たちは、基本的には協力的な集団ではありませんが、見知らぬ雄が侵入すると、全員がこれを「他者」と認識して攻撃に出ます。このような社会的関係についての情報は、集団内の関係を安定させる効果があります。

 資源が限られた環境では、縄張りを持つことが基本です。そのため、他の惑星にも縄張り意識の強い動物が存在する可能性があります。

 人間は、大聖堂の建設、電波望遠鏡や宇宙船の製造、地球外生命体との接触を夢見て彼らを理解する方法を探求するなど、集団での協力を進めています。私たちのように複雑な情報を交換する必要があるため、このタイプの協力を示す動物の集団は非常に稀です。複雑な協力を行う動物は少ないのです。

人であるということ

 「地球外生命体は人か」という問いは、「地球外生命体は人間か」と同一ではありません。「人」という概念には哲学的な意味も含まれますが、主に法的な意味合いが強いです。

 社会には「人」の扱いに関するルールや習慣が存在し、私たちはいずれ地球外生命体の扱い方を決定する必要に迫られるでしょう。彼らには国連の人権宣言に基づく権利が認められるのでしょうか?

 ヨーロッパ人がかつて地球上の植民地住民を搾取したように、私たちは彼らの資源を自由に搾取しても良いのでしょうか?人類の探検と植民地化の歴史は、植民地化された側にとっては概して幸せな結末にはなっていません。

 歴史を振り返ると、特定の人間群が法的に「人」と認識されてきましたが、それに該当しない人々は肌の色や宗教、社会的地位、年齢に基づいて地位を否定されてきました。最近はより思いやりのある社会になっていると考えたいですが、他の惑星の生物に対しても同じように接することができるでしょうか?また、彼らは私たちに対して同じような寛容さを示してくれるでしょうか?

 これらの問題に対しては真剣に検討が必要ですが、地球外生命体がどのような法体系や倫理体系を持っているかが分からない以上、人間の既存の法律を宇宙に適用するしかないようです。他の惑星のエイリアンの弁護士たちも、私たち人間を「人」と見なすかについて独自の見解を持つでしょう。

購入リンク

amazon

(Visited 1 times, 1 visits today)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です