クジラと話す方法/著者:トム・マスティル

※ 毎朝、5分以内で読める書籍の紹介記事を公開します。

※そのままの文章ではありませんが、試し読みする感覚でお楽しみください。

書籍情報

タイトル

クジラと話す方法

発刊 2023年11月10日

ISBN 978-4-7601-5542-2

総ページ数 411p

著者

トム・マスティル

生物学者から映画製作者兼作家に転身。人間と自然が出会う物語を専門としています。

出版

柏書房

もくじ

  • 序章 ファン・レーウェンフックの決断
  • 第一章 登場、クジラに追われて
  • 第二章 海の歌声
  • 第三章 舌のおきて
  • 第四章 クジラの喜び
  • 第五章 「体がでかいだけの間抜けな魚」
  • 第六章 動物言語を探る
  • 第七章 ディープマインド _クジラのカルチャークラブ
  • 第八章 海にある耳
  • 第九章 アニマルゴリズム
  • 第十章 愛情深く優雅な機械
  • 第十一章 人間性否認
  • 第十二章 クジラと踊る
  • あとがき 耳を傾けて
  • 謝辞
  • 図版クレジット
  • 原注

クジラに追われて

 2015年9月12日、カルフォルニア沖のモントレー湾でカヤックを漕いでいました。

 港を出て数分後には、クジラが目に入ります。保全生物学者として、野生動物の映像作家として、さまざまな種類のクジラを目撃してきましたが、今回のような体験は初めてです。

 クジラを見たというときは、たいていの人はボートとデッキから太い丸太のようなものが一瞬見えただけでしょう。しかし、カヤックの場合は話が違います。

 現れたクジラは、鯨類のなかでも巨大な部類に入るザトウクジラです。私たちのまわりでは、大食漢のクジラが小さな群れをつくって泳いでいました。

 協力的な哺乳類としてはめずらしいことだが、血のつながりがないことが多いです。クジラたちはいっせいに息を吐き、息を吸い、水中に消えます。こうしたフレンドシップと言われるコミュニケーションをみて、呆気にとらわれながらクジラが餌を食べる様子を眺めていたのです。

 ガイドのショーンは気が立っているようでした。新しいクジラが現れたらすぐに後ろに漕いでくだいと、何度も呼びかけられた。すっかりクジラにあてられて畏敬の念をいだいたので、他のメンバーとともに陸に戻る決断をします。

 再び海にもどり、カヤックを漕いでいました。大人のザトウクジラが9メートル先で現れ、弧を描きながら向ってきました。ザトウクジラの大きさは、ティラノサウルスの3倍です。それが近くの水面を叩いた衝撃でカヤックが水中に沈みました。私はおもちゃのように水中を転げまわり、死ぬ思いをしたのです。

クジラの中

 ロンドンの自宅から数時間車を走らせたが、その途中でクジラは死んでしまいました。

 成熟したオスでした。北海とイギリス海峡の海域は、マッコウクジラが生きていける場所ではありません。獲物のイカが生息するには水域が浅すぎます。

 その浅瀬で、マッコウクジラがのたうちまわっているのが発見されたのです。クジラは重力に耐えられるようにできていません。体重を支えることができないので、座礁したクジラが生還することはめったにありません。ペグウェル湾から潮が引くと、マッコウクジラが置き去りにされ、その周りに人が集まってきます。

 クジラの死体は埋めても海に流れて船の運航に影響が及ぶ可能性もありますし、輸送中にクジラの死体が爆発することもあります。ダイナマイトで爆発させたこともありますが、巨大な脂肪のかたまりが270メートルほど飛び散り、車はペシャンコになりました。

 座礁したクジラに時間をかけてU字形に腹部を切開しました。U字の下部に穴を開けてロープを通し、バックホーのバケットの歯に通しました。

 全員がマッコウクジラから離れ、ロープを引っ張ると、大きな脂肪のかたまりがはがれ肉付きのいい内部の腹部があらわになりました。まず、内臓にたどり着き、この動物の健康状態、食べたもの、寄生虫の有無を調べなければなりません。

 このマッコウクジラの内臓からは寄生虫とアンバーグリス、そして新種のイカを発見しています。

人間性否認

 鯨類も、私たちが悲嘆と呼ぶようなふるまいをすることがあります。シャチの母親がわが子の死体を何日も連れて泳ぎ回ることがあります。「悲嘆を人間だけのものと考える理由はない」と言う神経科学者もいるのです。

 人間性否認はその反対の方向に傾く場合もあります。獲物を弄んでから、ゆっくり殺して捨てるように見えるシャチ、大声で泣きながら船の周りを泳ぎ回ることがあり、鯨類はなぜこんな行動をするのでしょうか。

 動物の能力を、かれらとの個人的なつながりにもとづいて過大評価したり、私たちの文化的な条件づけで過小評価したりするのではなく、かれらの能力に素直に驚嘆する寛容さをもつことが最善のアプロ―チでしょう。

購入リンク

created by Rinker
¥2,530 (2024/07/19 15:07:00時点 楽天市場調べ-詳細)

amazon

(Visited 16 times, 1 visits today)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です