香りが脳を支配する

※ 毎朝、5分以内で読める書籍の紹介記事を公開します。

※そのままの文章ではありませんが、試し読みする感覚でお楽しみください。

はじめに

 香りは、自分で意図していないのに、脳に記憶としてインストールされ、その香りをかぐと記憶がフラッシュバックする現象を起こします。

 香りと記憶の関係は、記憶を司る海馬があることが関係していると言われています。

 ネガティブ感情を感じる脳の部位「偏桃体」は、良い香りをかぐと0.2秒で快感を感じます。

 香りを使う潜在意識の切り替えは、効果を実感される方も多いです。いろいろの方法を試したけれど、うまくいかなかった。いい気分になれなかった。そんな方に、香りに癒される実感を体験してみてはいかがでしょうか。

書籍情報

タイトル

香りが脳を支配する

オートマティックに夢が叶う『潜在意識アロマ』の使い方

第1刷 2022年9月26日

発行者 森江帆乃香

発行 (株)Clover出版

印刷 日経印刷(株)

ISBN978-4-86734-092-9

総ページ数 227p

著者

森江帆乃香

出版

Clover出版

香りを使う

UnsplashPriscilla Du Preezが撮影した写真

 長期記憶にするには、反復することと、感情が動くことが大切です。いい気分だったり、心地よかったり、好きなものなどは長期記憶になりやすいのです。

 良い香りをかいで、いい気分を味わいつつ、なりたい未来をイメージし、それを繰り返すことで、記憶に定着します。

 なりたい自分の未来を刻むkとで、潜在意識が書き換わり、起業するための行動を自然と取りたくなってしまうのです。

1日2分だけ

 毎日2分、良い香りをかいで、明るい未来を唱えるだけで、香りをかいだ瞬間になりたい未来がフラッシュバックするようになります。

 用意するものは、鏡と好きなアロマだけです。

 鏡の前で、アロマをかいで、呪文を唱える。これだけです。

感想

サイト管理人

サイト管理人

 アロマフェザー買って精油を買うと、意外と値段が張ります。それでも売れるのは、良い気分になれるのと、科学的根拠はあまり整っていないけれど、実際に効果を実感する即効性があるからでしょう。

 ラベンダーの匂いは眠気を誘いますし、柑橘系の香りは元気が出るような気がします。

 またアロマは香水や香りフレグランス柔軟剤と違って、他人に悪影響を及ぼしません。あくまで部屋の一部で香っているだけなので、外に出て「ニオイがきつい」と思われることがないでしょう。健全な趣味になると思います。

 ポイントの使い道がないときに安い精油を買って、集中力が切れたときにティッシュに垂らして遊ぶくらいの頻度ですが、気分転換には丁度いい素材となっています。

 下にリンクを貼っておきますので、本書の購入を検討してみて下さい。

購入リンク

※amazonの商品リンクです。画像をクリックしてください。

電子

※amazonの商品リンクです。画像をクリックしてください。

(Visited 13 times, 1 visits today)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です