残酷すぎる人間法則

※ 毎朝、5分ほどで読める書籍の紹介記事を公開します。

※そのままの文章ではありませんが、試し読みする感覚でお楽しみください。

書籍情報

タイトル

残酷すぎる人間法則

9割まちがえる「対人関係のウソ」を科学する

第1刷 2023年3月31日

訳者 橘玲

発行者 大山邦興

発行 (株)飛鳥新社

装丁 井上新八

校正 井口崇也

印刷・製本 中央精版印刷(株)

ISBN978-4-86410-949-9

総ページ数 361p

著者

エリック・バーカー

ニューヨーク・タイムズ、タイム誌などに度々記事を掲載し、著述家として名を馳せています。

出版

飛鳥新社

「第一印象」は七割正しい

Unsplashengin akyurtが撮影した写真

 意外にも、第一印象は驚くほど正確なことが多いのです。

 人々が抱く第一印象は一致をみることだけでなく、見事なまでに予測に役立ちます。

 人びとは、短時間接触しただけで相手の能力を本能的に判断するのが得意です。音声のない授業風景を音声のない映像で30秒間見れば、その教師に対する生徒の評価を予想できます。5分も見ていれば、判断の精度は70%ほどに達します。

 どんな人物なのか、あまたが良いか、裕福か、利他的か、サイコパスかなど、偶然以上の確立で判断できるのです。こうした印象はあまり考えないときのほうが当たります。

 だからこそ、ベビーフェイスの人間は殺人罪を免れる可能性があるのです。子どもは間違いをするものだと思っていますが、悪人だとはなかなか信じられません。

 脳はそうした考えを、「過度の一般化」というバイアスにより、童顔の大人にも拡大適用するのです。しかし、童顔の人間は、敵対心や自己主張が強かったり、幼少期に否定的な感情が多くみられることが多いといいます。

ナルシストに人生を破壊させない

Image by Sam Williams from Pixabay

 新しい友人を10人得るごとに、平均で1人、新しい敵ができるといいます。

 まさかとは思いますが、アンビバレントな友人があなたの人間関係の半分を占めているのです。会う頻度も、支えになる友人と変わらないという説が優位に立っています。

 単に気が合わないということもありますが、相手がナルシストな場合があるのです。裕福で優れていて、人から称賛される夢の人生を思い描きます。敵だと認識すると、靴で踏みつけ、侮辱し、容赦なく痛めつけられることを夢みる人です。

 ナルシストに対する最善の対処法とは、「関わりを持たないこと」です。専門家たちが推奨する方法は、それで一致しています。

 ナルシストは共感性に乏しいけれど、感情に働きかけて共感力を強化することができる人もいるようです。類似性、脆弱性、コミュニティを強調して人の善意を引き出すことも不可能ではありません。

恋煩いは診断名

Image by NoName_13 from Pixabay

 古代の人びとは恋愛を悪いものと見なしただけでなく、病気としてとらえていました。神経過敏という意味で病気とされていたのです。

 恋煩いの意味を調べてみると、

 気分が高揚している、あまり眠らなくても元気、自尊感情が急に高まる、思考が次々に浮かぶ、注意散漫、社会的および性的により活発になる。

 まるで恋愛のように聞こえます、現代科学も基本的に、恋愛が精神障害であることを認めているのです。

 人類学者のヘレン・フィッシャーの報告によると、恋に落ちたばかりの人は、最大で覚醒時間の85%も特別な人のことを考えて過ごすのだといいます。

 恋している人とコカインやモルヒネを注射した人、それぞれの脳をfMRIでスキャンしたデータを並べると、同じパターンが見られます。

オンラインゲームの友だち

Image by Gerd Altmann from Pixabay

 大人気のマルチプレイヤーゲーム、ギルドの一員となり地位を獲得していくオンラインゲームがあります。そのオンラインコミュニティが本当のコミュニティに代われるものではありません。

 オンラインのがん患者支援グループを調査したところ、参加者の92%が抑うつ状態であることがわかりました。直接顔を合わせる支援グループは抑うつの患者は1人もいませんでした。

 充実感の低いデジタルでのつながりに多くの時間とエネルギーを費やすようになると、人とつながる能力が低下します。

 オンラインでは気軽に友達になれることが、誰かの問題に付き合う気になれません。有名人が生み出す成功への雰囲気の期待が高まり、少しばかり話を聞いて欲しいに対して耳を傾けにく社会環境にあるようです。

感想

サイト管理人

サイト管理人

 はじめに、おわりに、の意味が解らなかったので省かせていただきました。

 少し尖った人間模様を科学も交えながら、「そうとも言える」と楽しめます。

 暇つぶしに読むのでも楽しめますし、そんなに真剣になって読む本でもないので、軽い気持ちで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 下にリンクを貼っておきますので、本書の購入を検討してみて下さい。

購入リンク

※amazonの商品リンクです。画像をクリックしてください。

電子

created by Rinker
¥1,760 (2024/05/23 08:23:55時点 楽天市場調べ-詳細)

※amazonの商品リンクです。画像をクリックしてください。

(Visited 14 times, 1 visits today)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です