書籍「スモールビジネスの教科書」

※ニートが興味をもった部分を紹介します。

はじめに

 適当な気持ちで週末だけ稼働させていたビジネスがいとも簡単に年間数千万の利益を生み出していきました。
 そんなビジネスは一過性で終わらず、安定的に利益を拡大し続けています。

 また、スモール鼻時根背うで成功を収めている人は、ストレスのない日々を送っていることも知られています。

 実践を通じて成功率が高い方法を学んできました。そのスモールビジネスの指針をまとめます。

書籍情報

タイトル

スモールビジネスの教科書

著者

武田所長

 コンサルティング会社を退社後、20以上のビジネスを展開しています。「安定・着実」に売上100億円程度を目指すスモールビジネスを運営してきました。強い個人が活躍する時代をつくるために活動しています。

出版

実業之日本社

スモールビジネスに向いているビジネスの基本条件

 多くの人の目に触れるような課題は、参加者が過剰になります。「多くの人が課題を感じる=大きな市場が期待できる」ということが言えますが、少ない投資で安定的に稼ぐことが難しいのです。

 スモールビジネスの場合は自分の能力がそのまま優位性になります。趣味もしくは今までの仕事に通じていることが多いのです。一般人よりは自分が上手く出来そうな内容に絞り込んだほうがよいでしょう。

 属人性であると拡大しづらい欠点があります。しかし、大企業やベンチャーが参入しづらいのです。1人で売り上げを十分に立てることができるようになれば、投資を増やせて業務量を減らすことができる。

 称賛されてないビジネスを選びましょう。市場機会に対し過剰な参入を招きます。称賛されている時点でかなり危ういのです。

 提供しようとしている商品・サービスには競合が存在し、お金が支払われているビジネスがよいでしょう。全く新しいものにお金を払うのはハードルが高いのです。

基本条件5箇条
多くの人が課題と感じている社会問題などは、スモールビジネスに向かない
一般人よりは自分が上手く出来そうな内容に絞る
属人性があると、大企業やベンチャーが参入しずらい
褒められているビジネスは危うい
既に市場があるビジネスを選ぼう

スモールビジネスの強み

 本気でビジネスに取り組む人の密度は極めて薄いことに強みがあります。正面突破して腕力で活路を開くことができるのです。

 間接費を安く抑えることができます。赤字案件でも積極的に獲得する戦略がとれるのです。初心者にとっても低価格戦のほうが取り組みやすいでしょう。

 他社が使わないサプライヤーを低コストで活用できます。他者が事業運営に必要な原料の調達に苦労する中、自社は安定した調達が可能になるのです。

 新規参入の利用されていないサプライヤーを早期に使用するのは定番です。このようなサプライヤーは価格は割引で、サービスも過剰気味に行います。

まとめ
スモールビジネスは本気で取り組む人が少ない
間接費を安く抑えることができる
他社が使わないような原材料を使える

市場への参入戦略「強引にねじ込みなさい!」

 歴史は強者によってつくられるのです。

 ビジネスにおいては、当初はグレーゾーンから始めて、後から毒抜きをするクリーンビジネスが大量に存在します。

 最初はともかく売れることを重視するべきなのです。SNSで事業開始をアナウンス出来るようなものではないほうが望ましいです。

 強引な手法でも、あとから後ろ指を指されるような手法でも、最初は生き残るために市場にねじ込むべきです。

 多くの企業が競争を繰り広げる中、きれいな参入をしようなどと思っていては、市場を開くことはできません。

まとめ
最初は売れることを重視するべきだ
後ろ指を指されるような方法でも、強引に市場にねじ込
多くの企業が競争を繰り広げるので、クリーンな市場開拓はできない

購入リンク

created by Rinker
¥1,628 (2024/05/20 20:58:26時点 楽天市場調べ-詳細)

amazonは↓

電子

created by Rinker
¥1,628 (2024/05/20 20:58:26時点 楽天市場調べ-詳細)

amazonは↓

Audible↓

(Visited 8 times, 1 visits today)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です