書籍「脳内編集力」

※サイト管理人が興味をもった部分を紹介します。

はじめに

思考はスキルであり、そのカギは『脳内編集力』です。

書籍情報

タイトル

6つの思考スキルが最高評価をつくる

脳内編集力

著者

北村嘉崇

株式会社HuBeauuu、株式会社Ashanti代表取締役

 自己投資の大切さを知り、脳科学心理学など幅広く学んだものを統合して、効率的な結果をだせるようになりました。

出版

マネジメント社

タスクの質を上げる考え方

  1. 仕事の質(完成度、正確性)
  2. リソース(人、お金、モノ、情報)
  3. 管理方法(進め方、リスク、締切)

 プロジェクトのタスクには、仕事の質、リソース、管理方法の視点を大切にするとよいでしょう。

 どの程度の正確性が必要か、知るべき情報は、リスクの大きさをどう分類するか、そのようなチェックリストを作成し、タスクの進捗を把握すると、よりベストです。

 また、評価されづらい人はきんきゅうだけど重要でないことに日の8割くらいの時間を使っているといわれています。
 評価される人は、緊急ではないけれど重要なことに時間をかけて将来に備えるのです。

時間ギリギリまで寝てしまう

 実際に早く起きることで、夜の6倍の生産性を得られることもよく知られています。良質な睡眠をとれれば記憶力向上、ストレス軽減、長生きできるというデータもあります。

 毎日充実した寝起きをすれば、人生が豊かになります。

 アンソニー・ロビンズの朝のパワークエスチョンです。寝起きに読んで、答えてみて下さい。

  1. 今、自分の人生で何が一番幸せだと感じるか。
  2. 今、自分の人生で何が一番刺激的だと感じているか。
  3. 今、自分の人生で何に一番誇りを感じているか。
  4. 今、自分の人生で何に一番感謝しているか。
  5. 今、自分の人生で何に一番楽しいと感じているか。
  6. 今、自分の人生で何に一番一生懸命になっているか。
  7. わたしは誰を愛しているのか。誰がわたしを愛しているのか。

お金の貯まるサイクルを使う

 個人事業主となり、経費を使って節税すると支出を抑えることができます。それから収入を増やすことを考えて、資産所得を増やし資産を守り、満足ができるお金の使い方を学ぶことが重要です。

 ノウハウ、人脈、人徳、人格、スキル、能力も資産に化ける可能性が高いです。お金だけに注目するより1億円以上の資産を築く可能性が高まります。

パターン化された思考

 人は、無意識にパターン化して行動しています。パターンが動き出す前にパターンを壊すことが大切です。

 何か行動を起こす前に「さて、どうしよう?」と思考を挟んで下さい。

 あなたの変えたい行動をできるだけ紙に書き、脳内を編集することが大切です。

 部下が部慣れで作業が遅いと感じてしまうこともあるでしょう。「早くしろよ」と思ったタイミングで、「さて、どうしよう?」と考えてみましょう。「次、何を教えようかな」と考えが変わることに気づくと思います。

 パターンを作り込むときにも、脳内編集スキルが使えるので実践してみてください。

感想

サイト管理人

サイト管理人

やることが「あれもこれも」と、頭の中に抱えている人には、A4サイズの紙に思い浮かんだものを漢字間違えや文法にこだわらず、書き込んでいくことが効果的だったりします。スッキリした感覚を覚えるかもしれません。

グルグルと同じことを考えてしまうときは、紙に書き出して整理してみるのは良くやります。意識の高い人であれば、毎日しているのではないでしょうか?

今、このやり方でいいのかなと、たまにスケジュールを考えてみると、今の環境に合わなくなっていることが分かったりします。

無意識のパターン行動から抜け出して、考えながら自分らしく生きていきたい方は参考にしてもよい書籍だと思います。

購入リンク

(Visited 14 times, 1 visits today)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です