お金をかけない集客図鑑

※ 毎朝、5分ほどで読める書籍の紹介記事を公開します。

※そのままの文章ではありませんが、試し読みする感覚でお楽しみください。

はじめに

 新規事業をスタートするときはもちろん、会社から「お金をかけずに集客できる方法を考えてほしい」といわれても、何から手をつけていいのかわからない人も多いと思います。

 本書では、お金をかけずに実践できる集客方法を100個、厳選して紹介しています。どれもすぐに実践できるものばかりなので、最初の一歩を踏み出すのに最適です。

 全くお金がかからないという意味ではありませんが、実費や通信費などを除き、低予算でできる方法を紹介します。

書籍情報

タイトル

お金をかけない集客図鑑

第1刷 2023年2月28日

編者 佐藤直樹

発行者 森下幹人

発行 (株)白夜書房

デザイン 華本達哉(aozora.tv)

製版 (株)公栄社

印刷・製本 図書印刷(株)

企画協力 (有)ラビット・フット

編集協力 桜井夏子 山中勇樹

ISBN 978-4-86494-407-6

総ページ数 319p

著者

吉澤健仁

 化粧品販売業務に従事した経験を活かし、WEBサイトの企画・政策・プロモーションを行うエスト株式会社を創業しました。
 人気のサービスに成長させた後に企業を売却しています。環境種グッドライフアワードの実行委員会特別賞を受賞。

出版

白夜書房

選ばれない理由を分析する

UnsplashSuzy Brooksが撮影した写真

 全国の旅館・ホテル業者の競合は、差別化が難しい分野に見えます。けれど、徹底したコンセプト設計によって、独自の地位を築いているのです。

 「高級」というイメージが強い同社ですが、その中であえて「若者から選ばれない理由」考えてみましょう。すると、リーズナブルな価格帯での展開も必要だとわかります。

 選ばれない理由を分析すると、次に打つべき施策もみえてきます。これまで着手できていなかった部分にもフォーカスすることで、今後のさらなる成長を実現できるのです。

投稿の幅を広げる

Image by Matvevna from Pixabay

投稿の幅を広げるための5つのポイント

  1. タイムリーである
  2. 親しみやすい
  3. 共感できる
  4. 役に立つ
  5. フォロワーが参加できる

 花などの季節に合わせたもの、母の日などイベント、タイムセールなど商品や話題を提供することで投稿のバリエーションが増えます。

 失敗談や経緯などを紹介するのも下見や共感を得られるでしょう。

 ファンの獲得には役立つ情報発信をするとよいです。工芸品の器を売りにするなら、その器にあう季節の料理などを発信します。

 思わずコメントしたくなる、参加したくなる投稿をバリエーションの1つとして押さえておくことも大切です。

Googleを活用する

Unsplashcharlesdeluvioが撮影した写真

Googleを活用した広告の種類

  1. リスティング広告:有料
  2. SEO:無料
  3. Googleショッピング広告:有料・無料
  4. Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス):無料
  5. Googleマップで上位表示させる(MEO):無料

 検索キーワードをもとに表示されるリスティング広告、検索エンジンで上位表示させるためのSEO施策、商品画像や名称などを掲載できるショッピング広告、実店舗のPRをできるビジネスプロフィールとMEO。インターネット上で商品・サービスを周知させたいなら、検索サイト最大手のGoogleの活用は欠かせません。

 いろいろな種類があり、またGoogle広告は、広告感が弱いので、クリックされやすい特徴があります。関心のもったユーザーを取り込みやすいのです。

 また、商品の広告に使う場合は、Googleショッピング広告で基本的な広告掲載が無料でできるようになりました。

毎日コツコツ続ける

UnsplashRenáta-Adriennが撮影した写真

 日常業務に加えて、たった1人で毎日新しい投稿のネタを考えるのは大変です。スク数の担当者がチームを組んで、アイデアを出し合う方が投稿も長続きしやすくなります。単調になるのも防げるでしょう。

 SNS運用を行う際には、あらかじめ運用や投稿ルールを決めておくと、情報共有や運用ノウハウの蓄積につながります。

 投稿ルールとしては、投稿の頻度、投稿する時間、写真や動画のルール、文章の口調や語尾、投稿フローチャートなどです。

 業務範囲も決めておくことで、問題の対処もスピーディーに対応できるでしょう。

おわりに

 なんらかのアウトプットは大切です。自分の業務で試行錯誤したり、企画として提案しても構わないでしょう。

 集客やマーケティングに関する情報は、常に変化しています。実践しながら、アップデートしていくことが大事なのです。

 声をかけたり、情報を共有することで、集客の好循環もうまれます。

 新しいものがでてくるたびに社会は便利になり、選択肢も多様化していくのです。そのことをキャッチアップし続けることを意識しておきましょう。

感想

サイト管理人

サイト管理人

 個人事業の集客術ではなく、どちらかというと企業ベースの集客方法が載っていました。

 グーグルのリスティング広告は、広告が薄いので欄に掲示されていれば、クリックされる確率は高いかもしれません。

 商売するにあたって集客は大事です。その集客の方法を簡単にまとめてくれています。

 インターネットを活用した宣伝方法を知りたければ、参考になるかもしれません。

 下にリンクを貼っておきますので、本書の購入を検討してみて下さい。

購入リンク

created by Rinker
¥1,870 (2023/03/25 14:34:05時点 楽天市場調べ-詳細)

電子

created by Rinker
¥1,870 (2023/03/25 14:34:05時点 楽天市場調べ-詳細)
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です